商品・ソリューション紹介 課題から探す

少量多頻度の受注が多いが、ミスなく出荷したい!

少量多頻度の細かい受注に対し、ミスなく出荷するために、人海戦術に頼っている。

原因および解決のポイント

商品にはバーコードが付いているので、バーコードを使った出荷検品システムを構築すれば良い。ピッキングリストを使わず、出荷先を意識しなくても運用可能な“梱包別"ピッキング方式にすれば、作業の簡素化も図ることが出来る。

具体的な解決策のご案内

検品支援名人値札名人によって解決出来ます。出荷検品はピッキング検品モジュールを使用します。出荷検品と連動する梱包明細ラベル発行は、値札名人が利用できます。

ページTOP

基幹システムの出荷データの活用によって、値札発行業務を効率的にしたい!

各百貨店の様々な値札を作成するために、量に応じてパソコンとプリンタを設置し、人手をかけて値札発行を行っている。

原因および解決のポイント

基幹システムの出荷データを活用して、発行指示をするだけで自動的に値札を発行できる仕組みを構築する。

具体的な解決策のご案内

値札名人のスケジュール発行の機能により、複数の値札プリンタから一斉に値札を発行できるようにする。間違った値札が出ないように、チェックする仕組みも設けておく。

ページTOP

インターネット(Web-EDI)経由の受注が増えてきた!

従来のEOSに加え、取引専用ホームページから注文データをダウンロードしてこなければならない得意先が増えてきた。従来のEOSはシステムが自動的に処理していたが、Web-EDIでは、担当者によるマウスやキーボード操作によってデータをダウンロードしてこなければならず、面倒臭い。

原因および解決のポイント

EOS同様、Web-EDIも自動化出来ればラクなのだが・・・ しかも、基幹システムへの連携まで出来たら、誤った入力をする気遣いも無くなる。

具体的な解決策のご案内

Autoブラウザ名人による、Web-EDIの自動化をお勧めします。注文データの自動ダウンロードはもちろん、画面印刷、アップロードなども自動化可能です。また、基幹システムとの連携も自動化可能なので再入力の必要がなくなり、迅速・正確に処理出来ます。

ページTOP

煩雑な部品発注業務を改善したい!

・部品発注が煩雑で、発注・受入・仕入と事務処理が特に多い。
・部品の受入検査が伝票で処理しているため、検査結果がわかるのが遅い。
・部品発注の際の図面の郵送代が、意外とコスト高の一因となっている(郵送コスト/リードタイム)

原因および解決のポイント

・調達業務の合理化が必要で、在庫品はしっかりバーコード管理したい。
・受入検品を迅速化・強化し、在庫精度UPが必要となってきていた。

具体的な解決策のご案内

i名人を活用したMROで事務コストを大幅に削減できます。また検品支援名人との連携で、受入検査が迅速化。リアルタイムで在庫が把握できるようになります。

ページTOP

店舗任せの食材発注を、本部でも随時把握したい!

食材発注は各店舗に任せているため、本部では把握出来ていない。このため月末に請求書が来て、初めてコストが把握できる状態。

原因および解決のポイント

請求書の金額を見て「あっ」と驚くことのないように、発注情況を事前に把握出来る仕組みを構築する。また、月末の請求書集中を緩和する仕組みを作る。

具体的な解決策のご案内

i名人を活用し、各店舗からの発注をWebで行い、本部でその内容が一元的に管理できる仕組みを構築する。結果として、仕入れ調整など本部機能が発揮できる仕組みも構築できる。

ページTOP

系列販売店からのカタログ発注を、効率よく処理したい!

系列販売店からの製品カタログやマニュアルなどの手配が、電話やFAXで行われているため、本部側では、煩雑な作業に追われている。また、手配ミスも発生してしまう。

原因および解決のポイント

Webで手配することにより、集計の手間が省け、出荷ミスや漏れが無くなる。その他出荷指示も容易になるほか、手配の履歴も残る。

具体的な解決策のご案内

i名人を活用した調達システムによって、解決できます。90ユーザー/3秒(=1800ユーザー/1分※1)の同時処理が可能なシステムなので、多くの販売店から集中するシステムも、スムーズに処理が出来ます。(※1:目安)

ページTOP