商品・ソリューション紹介Autoブラウザ名人

ブラウザ操作自動化 RPAソリューション

ブラウザ操作 自動化システム「Autoブラウザ名人」

主な機能

1 ブラウザ操作の自動化
  • マウスクリック(HTMLタグ認識または座標指定)
  • キーボード入力
  • CSVファイルなどのダウンロード(任意のファイル名への変更や保存も可能)
  • CSVファイルなどのアップロード
  • 画面の印刷
2 外部プログラムの起動
  • 外部プログラムの起動により、さまざまな処理を自動化させることができます。

    ・データ変換プログラムの起動
    ・Acrobatを起動させ、PDFファイルを印刷
    ・FTPでのアップロード、ダウンロード
    ・メールソフトの起動
    など(外部プログラムは別途用意する必要があります)
3 自動巡回
(タイムスケジューリング機能)
  • 指定したタイミングに、各Web-EDIサイトへの巡回を自動的に開始します。
4 自動実行結果の保存
  • 自動実行した結果(ログ)を保存します。
5 管理者へのメール通知
  • ブラウザ操作などを自動実行した結果を、管理者にメールで知らせます。
6 スクリプト
(=自動実行手順)
開発支援機能
  • スクリプト開発を支援するツールとして、HTMLドキュメントビューワ(*)を備えています。
    * WebページのHTML構造をツリー表示する機能(ドキュメントツリービュー)や、HTMLソースを表示する機能(ソースコードビュー)など。
    * 開発版のみの機能です。

スクリプト(=自動化手順)の開発を支援する機能も充実しています!

Autoブラウザ名人には、
スクリプト(=自動化手順)の開発を支援する便利なツールが備わっています。

スクリプト記録/再生

スクリプト(=自動化手順)の開発を支援する機能も充実しています!

スクリプト編集画面

スクリプト(=自動化手順)の開発を支援する機能も充実しています!

HTMLドキュメントビューワ

さらに、「Autoブラウザ名人 Enterprise版」にはスクリプトの開発生産性を向上させるため、「HTMLドキュメントビューワ」を備えています。 「HTMLドキュメントビューワ」を使えば、Webページの 構造が視覚的に理解できますので、「スクリプト編集画面」での詳細設定も飛躍的に向上します。

 

また、新たな機能としまして、HTMLソースとブラウザで表示される様子とをワンクリックで見比べることができる、ブラウザビュー機能を実装しました。この機能により、ブラウザで見た、実際に自動化をしたい個所(メニューやボタン、入力フォームなど)のHTMLソースはどこなのか、瞬時に把握することができるようになりました。
HTMLドキュメントビューワ

※HTMLドキュメントビューワは、「Autoブラウザ名人 Enterprise版」のみの機能です。

スクリプト(=自動化手順)の開発を支援する機能も充実しています!


Autoブラウザ名人 資料請求はこちらから(無料)

Autoブラウザ名人 TOPへ
商品・ソリューション紹介 TOPへ