商品・ソリューション紹介 検品支援名人

ハンディターミナルによる正確・迅速な検品業務を実現 バーコード入出荷・棚卸システム「検品支援名人」

入荷検品の流れ

1 入荷品を受け取り、整理を行います 入荷品を受け取り、整理を行います。
2 パソコンから入荷予定データをHTへ転送します パソコンから入荷予定データをHTへ転送します。
3 商品のバーコードをスキャンすると、商品名が表示されるので、数量を入力します。 商品のバーコードをスキャンすると、商品名が表示されるので、数量を入力します。
また、ロケーションラベルを、その場でポケットプリンタから発行することも可能です。
4 検品データをパソコンに返し、検品データに従って発注データの消しこみを行います 検品データをパソコンに返し、検品データに従って発注データの消しこみを行います。

ページTOP

出荷検品の流れ

1 出荷指示データ(ピッキングデータ)をHTへ転送 出荷指示データ(ピッキングデータ)をHTへ転送します。
2 最終検品 (最終検品)
ピッキングが完了し、出荷待ちの商品のバーコードをスキャンします。
3 ピッキング検品 (ピッキング検品)
HT画面に、ロケーション順に商品、数量が表示されますので、それに従ってピッキングし、バーコードをスキャンします。
4 検品が終了すると、画面に「検品完了」を表示し、欠品分のデータをパソコンに送信し、検品を終了します 検品が終了すると、画面に「検品完了」を表示し、欠品分のデータをパソコンに送信し、検品を終了します。

ページTOP

棚卸検品の流れ

1 出荷指示データ(ピッキングデータ)をHTへ転送します 商品情報(商品名、在庫数)をHTへ転送します。
2 貼付されたバーコードをスキャンし、数量を入力します 商品または棚のバーコードをスキャンし、棚卸し数量を入力します。
3 データをパソコンに送信します 棚卸しデータをパソコンに送信します。
4 パソコンから、各種帳票を出力します パソコンから、各種帳票を出力します。

ページTOP

検品支援名人の資料請求はこちらから(無料)

検品支援名人 TOPへ
商品・ソリューション紹介 TOPへ