ユーザックシステム株式会社

メールを使ったExcelやCSVファイルの自動処理にプログラムレスで対応

Autoメール名人とは

「Autoメール名人(オートメールめいじん)」は、メールの送受信を介しておこなうあらゆるデータ交換を自動で行うためのパッケージソフトです。メールの送信/受信、添付ファイルの圧縮/解凍/保存/変換などの自動化設定が可能で、手作業による複雑な運用や誤送信リスクを排除し、業務効率の向上をご支援します。

おかげさまで ご導入実績141社、230本以上(平成28年7月末現在)
  • 日本通運株式会社 様
  • 株式会社 山善 様
  • 日本製粉株式会社 様
  • 株式会社 河内屋 様
  • 株式会社 LIXIL住宅研究所 様
  • KOYO
  • ツインバード工業 株式会社 様
  • mottox

このようなお悩みをお持ちのお客様におすすめします

現在のメール受注業務に課題がある。

これからメール受注業務を始めたい。

  • 添付ファイル(Excel、CSV)の保存や印刷、入力などが面倒。
  • メール本文の転記が面倒。入力ミスもある。
  • 担当者へのメール転送が煩わしい。
  • メールチェックが面倒。
  • など
  • FAXでの注文からメールでの注文にシフトしていきたい。
  • 添付ファイルを基幹システムに取り込みたい。
  • 相手先の会社名や個人名を差し込んだメルマガを配信したい。
  • Excelで作成した顧客リストをもとに、メールを一斉に送信したい。
  • など
カタログや詳しい資料の
請求はこちらから無 料

お問合せはこちらまで 受付時間 9:00~17:00

03-6661-1210

「Autoメール名人」Webサイトへ

機能

  • 取引先との電子メールの送受信、添付ファイルの処理、データ変換など、一連のメール操作を自動化します。
  • 外部プログラムの起動などにより、基幹システムとも連携でき、低コストでメールEDIを実現します。
  • 簡単な設定で処理の自動化を定義できます(※図1)
  • 入力ファイルと出力ファイルそれぞれの項目をマウスでヒモ付けることで、変換の設定を行うことができます(※図2)
  • マスタ参照や項目の計算、追加なども可能です。
図1.フロー設定 図2.データ変換設定
図1.フロー設定 図2.データ変換設定
アイコンをつなげていくことで、自動化したい業務フローが簡単に設定できます。矢印のアイコンをクリックすると、分岐条件を設定する画面を表示します。 入力ファイルと出力ファイルそれぞれの項目とマウスでヒモ付けることで、変換の設定を行うことができます。マスタ参照や項目の計算、追加なども可能です。

事例

メールによる注文を基幹システムへ自動的に
取り込みたい

株式会社 山善 様 株式会社 山善 様
(商社)

Before
After
  • メールでの注文を基幹システムに自動的に取り込みたい。
  • メールEDIをローコストで実現したい。
  • A社以外からのFAX注文のうち、約10%がメールに切り替わった。
  • A社以外にも利用を拡大していきたい。

注文書をFAXからメール+Excelへ

株式会社 LIXIL 住宅研究所 様 株式会社 LIXIL 住宅研究所 様
(住宅FCカンパニーの運営)

Before
After
  • 加盟店からチラシの注文をFAXで受け付けていた。
  • 注文書の内容確認や社内での取りまとめに、担当者2名で一週間かかりっきりとなっていた。
  • 注文方法をFAXからメール+Excelに切り替えるとともに、メールの自動処理を可能にするシステムを導入。受注処理が大幅に効率化した。

カタログや詳しい資料の
請求はこちらから無 料

お問合せはこちらまで 受付時間 9:00~17:00

03-6661-1210

「Autoメール名人」Webサイトへ